専門職大学とは
~スライドで見る「専門職大学」~


スライドで見る専門職大学|専門職大学開設までの学校教育法の歩み

専門職大学開設までの学校教育法の流れ

1946年 日本国憲法公布…教育を受ける権利、保護する子女に対し教育を受けさせる義務、義務教育の無償(26条)を定める
1947年 学校教育法公布…「6・3・3・4制(小学校6年・中学校3年・高等学校3年・大学4年)」へ移行
1964年 短期大学が恒久的な制度に…学校教育法の一部改正法律案可決・成立。短期大学が恒久的な制度となる
2017年 専門職大学設置へ…専門職大学設置を盛り込んだ改正学校教育法成立
2019年 専門職大学開設

 

スライドで見る専門職大学|専門職大学の位置づけ

専門職大学は、専門職短期大学と並び
専門職業人の養成を目的とし、大学制度の中に設置

従来の大学制度に組み込まれていた「大学」「短期大学」に、「専門職大学」「専門職短期大学」が新たに追加される。

 

スライドで見る専門職大学|専門職大学の位置づけ

専門知識の習得、実戦力と応用力の育成を産業界が連携しておこない、これを評価していく

産業界と連携しながら、専門知識を身に付けつつ、実践的な応用力の育成をはかる。産業界はこれを評価し、学習内容がアップデートされる。

 

スライドで見る専門職大学|専門職大学の位置づけ

専門職大学の目的とは?

 

スライドで見る専門職大学|専門職大学の位置づけ

専門職大学の目的は、成長分野における即戦力の育成

IT、農業、観光といった成長分野への新たなサービスを生み出しけん引役を担える人材を育てる大学を目指しています。

 

スライドで見る専門職大学|専門職大学の位置づけ

大学や短期大学、専門学校との違いとは?

 

スライドで見る専門職大学|専門職大学の位置づけ

大学や短期大学、専門学校との違いとは?

主な違い(1) 学校教育法第1条の定める「学校」 ※専門学校は「各種学校」という分類
主な違い(2) 卒業すれば大学や短大と同様に「学士」「短期大学士」の学位が得られる

 

スライドで見る専門職大学|専門職大学の位置づけ

大学や短期大学、専門学校との違いとは?

主な違い(3) 専任教員の4割以上が勤務経験が5年以上ある「実務家教員」
主な違い(4) 卒業単位の3~4割以上を実習科目とし、企業での実習(4年制なら600時間以上)が義務

 

スライドで見る専門職大学|専門職大学の位置づけ

これからの進学はどうなるのか?

 

スライドで見る専門職大学|専門職大学の位置づけ

これからの進学はどうなるのか?

<状況> 一部の専門学校が、専門職大学になる可能性がある
<進学検討者の動向予想> 専門学校への進学を目指していた生徒の一部で、大学卒業の資格も得られる「専門職大学」へ進路変更する生徒が出てくる

 

スライドで見る専門職大学|専門職大学の位置づけ

これからの進学はどうなるのか?

<状況> 現時点で大学進学希望者は、専門職大学に対して進路の新たな選択肢として考えていない
<進学検討者の動向予想> しばらくは、大学との競合は考えづらい。しかし、一般の大学よりも進学目的の変化や就職率などで大きなメリットが出てくれば今後、変化する可能性がある。

 

スライドで見る専門職大学|専門職大学の位置づけ

これからの進学はどうなるのか?

<状況> 専門職大学の就職率は、かなり高くなると予想されている
<進学検討者の動向予想> 就職率の状況によっては、就職率の低い大学への進学を行わない高校生が出てくる可能性がある。

 

スライドで見る専門職大学|専門職大学の位置づけ

設立する学校やその地域、設立後も就職の状況など、今後ますます目が離せない状況です。